スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 □ コメント:- □ トラックバック:-◇ 


映画と音楽

2007年02月28日[11:09:51]
完全にさぼってました。ネタがなくて。
今更あけましておめでとうございます、ろいじです。
あ、節分もやってなかった。鬼はそと!ひな祭りには間に合ってよかった。

そうです、映画といえば長野さんかあたしです。
あたしは単に素人目の感想書くだけですがww
弟さんの映画気になりますね!レンタルできるんでしょうか・・・


今年に入って見た映画は「幸福な食卓」「どろろ」です。

で、「どろろ」はちょっと期待はずれだったかな~と。豪華キャストで華やかでしたが。

しかし「幸福な食卓」にはほんとに泣かされました!
一人で見たんですけどね、号泣しましたよ…。恥ずかしかったですww
二つの共通点は、主題歌がミスチル。
「どろろ」は新曲の「フェイク」、「幸福な食卓」は、数年前に発売された「くるみ」の新バージョンでした。
「幸福な食卓」の監督は、原作を読んだときに頭にこの曲が流れたそうで。

ラストシーンは、この曲がフルコーラスで流れ、北乃きい(キットカットのCMのコ)演じる主人公・佐和子が延々と歩いていく場面です。1カットだけ、間にお母さんが食事を用意するシーンが入るのですが、それ以外はずっと佐和子の歩く姿、しかもバストアップ。時々振り返る以外はずっと前に進んでいく。かなり長い時間だったはずなのに、見入ってしまいました。歌がすごく合ってたんです。


原作はまだ読みおわってないんですが、確かに設定の違う箇所はいくつかあるようです。
が、原作を知らずに映画を見たときにはほんとに何度も見たいと思いました!

予告編を見たことがあるひとは多いんじゃないでしょうか?
「父さんは、今日で父さんを辞めようと思う」
予告編と同じく、このセリフから映画が始まります。

それから「父さん」のいない家族の生活が描かれます。ちなみに母さんはもっと前から別居中。それは夫婦が不仲とかではなくて、三年前に家族にふりかかったある事件がきっかけです。
秀才の兄も大学進学を辞め、農業をはじめる。
家族はバラバラなようだけど、互いが互いを愛し合ってる、どこにでもある1つの家族の話です。

佐和子はというと、転校生の大浦くんと切磋琢磨してレベルの高い高校を目指します。二人とも合格して、これまた普通の高校生活がはじまるのだけど、


そんな中、佐和子の身に悲劇がおこるわけですよ。

ぶっちゃけ展開が見えてたんですよ、しかもベタなかんじの(笑)
だけど、すげぇいい話だったからベタでも良し!泣いたほうが負けっすよ!(笑)

今でも、話を思い出すだけで泣きそうです。
でも、皮肉にもその悲劇がきっかけで、家族はまた再生していくんです。

そして、ミスチルの「くるみ」ですよ。


とりあえず見てみてください、上映終わってたらDVDを待ってください。あたしは多分買いますけどね!


購入済前売りは、
「さくらん」「ワンピース」「シュレック3」「蟲師」「東京タワー」

アニメ2本、オダジョー2本(笑)
さらにさくらんと蟲師は漫画原作なので…うーん、オタクっぽい…
あと気になるのが、「アルゼンチンババァ」鹿児島では上映しないっぽいですが。

なんか、「どろろ」を見て思ったのが、人気俳優ガンガン使ってても微妙・・・ということ。
「幸福な食卓」は、個人的には好きな役者さんが出てたんですが、妻夫木や柴崎の人気に比べたらまた違うかな。
(平岡祐太が好きです。あと、これを見て好きになったのが、勝地涼です)

というわけで、「バブルへGO!」はなんか心配になって、映画館では見ないことに決めたんですが・・・でもなんかおもしろいらしいですね(笑)
スポンサーサイト

Royziコメント:0トラックバック:0◇ 


2007年02月24日[14:12:39]
ちわっ、ながのです。
ブログもなんだか月いちになってきましたね。
流れる川を止めるわけにはいかないので小生は書きますよ。
小生はというとネタは職責上映画ネタになってしまうのですが、
映画ネタというとRoyziさんか小生か、てなわけで今回は「まだ見ぬ
傑作映画?」を2本予見したいと思います。
最初は快進撃角川映画!「蒼き狼 地果て海尽きるまで」(3月公開)
反町隆史がチンギス・ハーンを演じる!その前にモンゴルの歴史劇を日本人が日本人俳優で作ること自体に?なのだが、かつて大映では勝新太郎が秦の始皇帝を演じ、西遊記だってドラマや映画になってるし、日本語をしゃべるチンギス・ハーンがあってもいいじゃないか!とアイデンティティを刺激するアゲアゲ状態が今の邦画には必要なのである!
即位式のシーンのスチールを見てぶったまげた!あのエキストラ、CGじゃないのね?映画らしい映画をつくる角川春樹のおそろしく映画製作者魂を見せ付けられました。でも特撮監督に佛田洋がクレジットされているところがなにかあるぞと・・・。地割れでも起きるのか?!
続いては今夏に公開される「トランスフォーマー」!あのアニメの実写ですよ。製作はスピルバーグ!監督はマイケル・ベイ。
アメリカのマーケットを狙った作品だけにオリジナルがだいぶデフォルメされているようで、かつてのアメリカ版「ゴジラ」を彷彿とさせる出来になっているようですな。基本的にはコンボイ司令官のサイバトロンとデストロン軍団の戦いが軸にはなっているようでオリジナルのアニメ版のファンは?確実。
しかしそこはSFX 大国アメリカ、驚愕の特撮で見せるべきところは見せる仕掛けがあるいは楽しみなのであります。
追伸・・・小生の弟(長野泰隆)撮影監督作品「機械仕掛けのRQレースクイーン」3月2日リリース。見たい人はレンタルせよ!

ながのやすひでコメント:0トラックバック:0◇ 




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。