スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 □ コメント:- □ トラックバック:-◇ 


イタイ話!

2006年08月08日[15:47:18]
ちわっ、ながのです。
突然ですが、わたくし先週緊急入院の緊急手術しました!
入院も手術も生まれて初めてのことで自分でも驚きました!
病名は「成人鼠径ヘルニア」
簡単に言うと「脱腸」です。
太ももの付け根(男性のあそこの横)の内部が脱腸により固くなり、
その痛さといえば、あそこの横にさつまいもが入っている感じといえば
伝わるでしょうか。そのまま腸が硬くなり死に至るこわーい病気なのであります。
しかし、手術というのはやっている間は気になりませんが(気になったらたいへんだ!)麻酔が切れた頃からが痛さとの戦いになりましたね。
あと、麻酔を背中から数本打ち込みます
これが、これが、なんともいたーい!!!
打たれている間の小生の顔はおそらく桜塚やっくんの表情になっていたと思います。半身麻酔でしたが胸部まではしびれた状態になります。(正座をしててしびれて感覚がなくなったあの感じ)
一時間半くらいのオペで終わりましたが、その後の入院も疲れました術後、尿が出ないのであそこに管を入れられたり・・・イ、イタイ・・・腸のはずなのに腰痛が激しかったり・・・イ、イタイ。

そんなわけで本日一応退院してこのブログをかいているわけですが、体調が完全復帰するまではもう数日かかりそうです。
スポンサーサイト

ながのやすひでコメント:2トラックバック:0◇ 


コメント一覧
この記事へのコメント◇
退院の日に手術の話ききましたが、お体の方は、
まだ痛むみたいですね~/。\

20前後の頃の健康があたり前だった時代が嘘のようです…

手術は無事に済んだのがなによりです。
しばらく痛みが続きそうですがお大事にして下さい。

2006/08/09(水) 14:55:09 | URL | ブラックマエノ #-[ 編集]
懐かしい単語でつい反応してしまいました。
私も幼い時分、先天性鼠径ヘルニアで外科手術を受けました。
子どもでしたので全身麻酔でしたが。
昔のことで記憶も曖昧ですが、退院後数日は何をしても傷口が痛みあwせdrftgyふじこlpと、悶絶していた覚えがあります。
ゆっくりご養生くださいませ。
2006/08/13(日) 23:02:06 | URL | 名無しさん #GdGpWre.[ 編集]
○コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
  • スポンサーサイトイタイ話!のトラックバックURLはこちら
  • http://omochakid.blog12.fc2.com/tb.php/184-e2c45d11


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。