スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 □ コメント:- □ トラックバック:-◇ 


バッテリー&機械仕掛けのレースクィーン

2007年03月02日[22:09:00]
ちわっ、ながのです!
「オモチャキッドDX」のテレビ放映が終わって早1年が経ちます。
はやくオリジナル作品やりたいよーと思っているのは小生だけではないと思うが、今年はいかに!?
さて、先日3月10日公開の「バッテリー」試写会観てきました。
野球青春映画ですね。配役の勝利か、演出の巧みさか、まあ監督が滝田洋二郎(陰陽師)なので安心して見れたというのはあるけれど、主役の林遺都君のあの瞳とバッテリーを組む山田健太君の屈託の無い笑顔に
もう涙でした。
下手な感想はこのへんにして、映画「バッテリー」観てください!
感動しますよ
それから、先日ちらりと紹介した、小生の弟撮影作品「機械仕掛けのレースクィーン」ですが、内容はレースクィーンの主人公がある狂気の科学者に拉致されアンドロイド化されて、xxxxされるというかなりエロチックな映画です。しかし、主演の亜紗美演じるアンドロイドの無機質な表情の演技は特筆に価すると思います。
しかし、残念ながらエッチなシーンが多いので子供はだめよ
すなわちこの作品は18歳未満は見ちゃだめよ的作品なの
です。主演は亜紗美。監督は「blue(小西真奈美、市川実日子主演)」の安藤 尋。
大人の方はこっそり借りて観てね。
あともう一本、弟作品を宣伝します。
今春公開予定だった劇場映画「天国からのラブレター」(山口 円監督)が今夏公開に延びちゃいました。これは山口県でおきた母子殺害事件を描いためちゃ悲しい物語。この手の作品は苦手な小生であるが、
公開されたら見に行くんだろうな~。
長野泰隆撮影監督によると、映画を見るお客はフィルムでもビデオでも関係ない、映画はその作品が伝えたいものがちゃんと心に伝わればそれで成り立つ商売であると。
観客の目線に立ち、その作品を伝える画作りやカメラワーク、そして、
制作体制を総合的に俯瞰的な視点で考えることが撮影監督の仕事であると。(ワークショップ情報HD FILM MAKINGより抜粋)
おそらく本作品は単館系ロードショーと思われるので、鹿児島まではこないのではないでしょうか。て、ことはビデオになるまで待てと。
気になられた方はご覧くださいね
次回も映画紹介いきますよ。
スポンサーサイト

ながのやすひでコメント:0トラックバック:0◇ 


コメント一覧
この記事へのコメント◇
○コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
  • スポンサーサイトバッテリー&機械仕掛けのレースクィーンのトラックバックURLはこちら
  • http://omochakid.blog12.fc2.com/tb.php/231-35ec7f84


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。