スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 □ コメント:- □ トラックバック:-◇ 


ウルトラマン 鹿特体版の雑誌掲載のこと

2005年08月26日[01:45:22]
鹿特体 岩崎です。

今回は以前、雑誌の取材を受けた時の写真を紹介します。下の写真は週刊文春の1997年6月19日号に掲載された時のものです。何でも鹿児島でウルトラマンの特撮をやっている素人がいるから取材に来たのだとかで、モノクロページでの紹介でした。

20050827005107.jpg
週刊文春1997年6月19日号 CATCH UPコーナー掲載

やっぱり何と言ってもビックリしていたのはスタジオが無いため、基地セットを借家の空家に作っていることだったみたいです。それが、この『鹿児島の民家に帰ってきたウルトラマン』というタイトルの所以みたいです。

この基地セットは5人がかりで材木や発泡板を使い組んだものです。当初は撮影のカメラ位置等を決めやすくする為、可動式に設計されたのですが、一つひとつのパネル板がけっこう重たくなり撮影時に動かすことはほとんど無かったのでした。このセットはその重量と大きさのため処分のしようも無く、未だに空家に置き去りになってます。


後、話は変わりますが先日のオモチャキッド撮影時に撮った写真を1枚紹介します。これは草むらに不気味に浮かび上がるキッドの生首ではなくってアクターさんが休憩中にマスクを置いてったのを1枚撮ったもの。ちょうど作品内容が怪奇色のものだったので、雰囲気に妙にマッチしていてカメラに収めるスタッフが数人いました。


生首キッド
怪奇!生首キッド!!

そろそろ怪奇モノシーズンの夏も終わりですが、体調管理に気をつけて制作も頑張りたいと思ってます。
スポンサーサイト

鹿特体 岩崎コメント:0トラックバック:0◇ 


コメント一覧
この記事へのコメント◇
○コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
  • スポンサーサイトウルトラマン 鹿特体版の雑誌掲載のことのトラックバックURLはこちら
  • http://omochakid.blog12.fc2.com/tb.php/54-826f94f8


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。