スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 □ コメント:- □ トラックバック:-◇ 


インディーズのシナリオ

2005年10月05日[22:01:44]
映画でもドラマでも戯曲でも、
シナリオ(脚本)は、とても重要です。

なんといっても、もの作りの設計図なんですから。
しかしインディーズの作品は、映像指向が強いので、
シナリオをおろそかにしてしまう傾向があると言われます。

もちろんインディーズは、何の制限もありませんから、自由に書いていいわけです。
それをメジャーから言わせると、贅沢なイメージになるのでしょうが、
実は、近頃のインディーズはユーザー趣向をきちんと理解していたりして、
ともすると、メジャー作品よりも観客の心理を深く追求する物語を描いているように思える。

インディーズは、予算がかけられない分、
アイディアをかけて見る人に感動で与えようとする。

だから、インディーズのシナリオは、文学というよりも心理学に近いものなのかもしれない。
インディーズは面白く、メジャーは楽しい!のである。
スポンサーサイト

ながのやすひでコメント:0トラックバック:0◇ 


コメント一覧
この記事へのコメント◇
○コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
  • スポンサーサイトインディーズのシナリオのトラックバックURLはこちら
  • http://omochakid.blog12.fc2.com/tb.php/91-b33f01f7


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。